畳のことならお任せ、山口県山口市の笹川畳店
0839221557
山口県山口市三和町11-36

お問合せ

畳床の種類

ワラ床
ワラ床 昔ながらのワラを使った畳で、独特の感触、湿度の吸収・放湿・復元力などで優れていますが換気や長雨でカビやダニが発生することがあります。気密性の高い住宅では湿度の管理を特に注意しなくてはならなくなりました。
ワラサンドイッチ床
ワラサンドイッチ床 ワラの間にポリスチレンフォホームまたはインシュレーションボードなどをサンドイッチしたもの。
建材床
ワラを使わないで、ポリスチレンフォームや、木材のチップを蒸して圧縮したインシュレーションボードで構成されたタタミ床。ダニ・カビが繁殖しにくく、断熱性・防音性・耐久性などに優れている。
建材畳床1型
建材畳床1型
インシュレーションボードだけを何層かに重ねたもので断熱・防音に優れています。
建材畳床2型
建材畳床2型
ポリスチレンフォーム上にインシュレーションボードを重ね二層にしたもので、特にコンクリートのうえに直接敷く場合には一番よいタイプ。ワラの畳の半分くらいの重さで大掃除にたいへん助かる。
建材畳床3型
建材畳床3型
ポリスチレンフォームをインシュレーションボードでサンドイッチにしたもの。 これもⅡ型同様に軽い畳床。

どのタイプの畳床も高い湿度が続くとカビが生えることがありますので、湿度が高い季節には湿度を下げる工夫をしてください。(天気のいい日には乾いた風を通す・除湿機を使う・エアコンのドライ機能を使うなど)

お客様の声

損しない畳の選び方

畳ドクター認定店

店舗情報/shop

笹川畳店

〒753-0052
山口県山口市三和町11-36

【営業時間】AM8:00~PM6:00
【定休日】日・祝日

083-922-1557

083-922-1557

webからのお問合せはこちら

畳乾燥機「燦」